関わる人が幸せになるように。いきいきとした人生を歩めるように。そんな理念の実現にむけた道中記をつづります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

物語の重要性

「成功者の告白」(神田 昌典著 講談社)という本を一揆に読んだ。
本の内容は、一見無関係と思われる企業の成長と家庭問題の関係について書かれたものである。

もともと私は読書好きでないので、ビジネス書を一揆に読むというのはとても稀である。
しかし、この本にはどんどん引き込まれた。
多分その理由は、この本が『物語形式』で展開されていたからだと思う。

似たような経験を、以前にも何度かした事がある。「戦略プロフェッショナル」(三枝 匡著)や「ザ・ゴール」「チェンジ・ザ・ルール」(エリヤフ ゴールドラット著)だ。やはり、同様にある理論を理解し易くするするために『物語』が使われている。

最近、この物語の重要性について意識させられることが多くなってきた。
例えば、企業診断士 1月号の「コンサルタントに必要な物語力」(橋本 真二さん)の記事だったり、「ハイコンセプト」(ダニエル・ピンク著)である。何れも人の感情に訴える手段としての『物語』の有効性や重要性について書いている。

 先日、訪れたある製品の展示会でも感じるところがあった。製品説明のパネルの右端に「開発者の苦労話」が顔写真と共に書かれていたものがあったが、製品説明のみが書かれているパネルに比べ、妙に親近感が沸き思わず立止まってパネルと製品をまじまじ眺めてしまった。

 確かに『物語』には人を引き込む不思議な力がある。
 商品プローモーションや、顧客との交渉、組織力やモチベーションのアップなど。今後、いろんな場面でこの『物語』の重要性が増してくることをあらためて感じる共に、この応用力をぜひ身に付けたいと感じた。



スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。