関わる人が幸せになるように。いきいきとした人生を歩めるように。そんな理念の実現にむけた道中記をつづります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

改善提案、はじ~め。

 少なくとも自部門の開発と製造現場の関係をもっと密接にしたいと考え、自主的に改善提案を始めることにした。
 現場の作業者が手軽に書けるように「必須記載項目」は最小限に留め、「自由記載スペース」と「最終フィードバック記載スペース」を多く設けるフォームにした。
 
 運用は、製造上の問題点や改善要望事項を作業者がフォームに記載し、製造現場のホワイトボードに貼ってゆく。現場に行った開発者が、提案用紙の回収と作業者(記入者)インタビューをしてきて、それをミーティング時に説明して対応する開発担当を決める。

 今まで、幾度となく改善提案制度が生まれ、知らず知らずの内に消滅する(機能しなくなる)のを見てきた。

 何故、継続しないのだろう?と考えた結果、主な原因として2つの事が浮かんだ

 1つ目は、形式に拘り過ぎて記入に手間がかかる。 
 ⇒これは前述した、フォームの簡略化と提案方法の簡素化により解消を狙った。

 2つ目は、「どうせ言うだけムダ。結局改善して貰えないんだから・・・」的な空気が流れだす。
 ⇒これは的確にフィードバックを返すことで解消出来ると思う。

 改善が「可能」であれば実施内容と適用日をフィードバックし、もし「不可」であればその理由をきちんと説明する。この「不可」時の対応が特に重要なのに、これまで不足していたと感じる。

 なぜなら、殆どの設計は複数の制約事項を満たした結果、現在形になっていることが多いため、実際に提案内容をダイレクトに反映出来るケースは少ない。しかし、ここで「開発者がそんなの改善できなるワケないだろう」という態度をとって何もフィードバックしないと、製造現場との溝は何時まで経っても埋まらない。
 出来ない理由をきちんと説明することで製造現場の理解も深まるし、理由を知った上で、あらたな改善に繋がる可能性だってある。


 初めて約1ケ月が経つが、今のところ順調に進んでいる。全ての提案にフィードバックをするのは多少しんどい面もあるが、継続することで、きっと良い関係が築け  『現場カイゼン』 + 『開発者の製造視点力UP』 ⇒ 『ものづくり力の強化』  に繋がると信じている。





スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。