関わる人が幸せになるように。いきいきとした人生を歩めるように。そんな理念の実現にむけた道中記をつづります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「なりきり」 トレーニングのすすめ

「情動」という言葉を、あらためて意識した。意味は「比較的短期の喜怒哀楽等の感情の動き」のことであるが、きっかけは、次のサイトの記事の中で使用されていたためだ。
 
「意外と知られてない、自分を飛躍的に成長させる読書テクニック」

 この記事の中では、読書や日々の生活の中で当事者(相手)の情動シュミレーションを意識的に訓練することで、理解が飛躍的に高まったり、思考訓練になることが紹介されている。

 この情動シュミレーションの訓練は、自分の感情を一旦脇において相手の思いを素直に受止めることであり、「完全に相手の身になりきることに他ならないと思う。

 是非とも磨き上げたい能力だし、これが完全に出来た上で思考することが出来ると、人間的も大きく成長できると思う。

 日々の生活の中で、意識的に訓練していきたいと感じた。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。