関わる人が幸せになるように。いきいきとした人生を歩めるように。そんな理念の実現にむけた道中記をつづります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この場違いな広告の目的はなあ~に?

この広告の狙いは何だろう?と考えさせられることがあった。
帰宅してテーブルの上をふっと見ると車雑誌が・・・。誰だろう?

広告裏B

こんな、文章が書かれていた。
********************広告記載文章*****************************
「その瞬間、感性を研ぎ澄ます」
トヨタのテストドライバーは、お客さまの心を動かす乗り味とは何か、飽くなき追求をしています。

テストドライバーとして約半世紀。
私はこの5年間、2シータースポーツLF-Aの開発を続け、世界最難関と呼ばれるドイツのニュルブルクリンクサーキットへ幾度となく赴いてきました。ひとたび全長20km超のコースに出ると、うねるような路面、全く先の見えない高速コーナー、車が浮き上がる激しいアップダウンなど、常識では考えられない右端が次々と車とドライバーにかかります。
やむことない緊張の中、その一瞬一瞬に、自らの感性を研ぎ澄まし、徹底して走り込む・・・私たちがこうして過酷な環境を求めるのは、乗る人すべてに、いかなる時でも心からワクワクしていただける「乗り味」を極めたい、その一心ゆえのことです。
私は、ステアリングを握り続けます。明日もあさっても。お客さまに感動していただける「乗り味」の追求に、終わりはないのです。

お客さまにとって、かけがいのない一台お客さまにとってかけがえのない一台であり続けたいという私たち一人一人の想いは、いつの時代も変わることはありません。
**********************************************************
かっこいい~。
中身はと思いきや、裏返すと30代前半の主婦を中心に、圧倒的な人気を誇る生活情報誌「サンキュ!」。妻の読みかけの雑誌であることが分かった。

広告表

 しかし、TOYOTA(LEXUS)はなぜ、一見まったく縁がないと思われる読者層向けの雑誌に、3,750万円もするスーパースポーツカー『LFA』の開発を題材とした広告をだしたのだろう?

可能性について、少し考えてみた。
 ①ユーザー視点に立って、こんなにこだわり持って車を開発をしていることの宣伝。

 ②世界に誇れる、市販のスーパーカーを開発したという宣伝。

 ③主婦を通して子供の目に触れる可能性が高い。
  これを利用し将来潜在的に購入者になりえる子供に対してTOYOTAブランドを訴求する。

 ④奥様方・旦那様に、LFAを購入してもらう狙い。
  これはないか。そもそも、日本での販売予定数は165台。わざわざ広告を出さなくても予約完売だろう。

 ⑤車の買換えを無意識に喚起する。(サブリミナル効果)

 ⑥TOYOTAで働きたいと思わせた優秀人材の活用。
  でも、主な読者層は主婦だからな~。これもはないか。

 ⑥宣伝広告費の予算が余った。
  (思い浮かばなくなったので半分やけくそ)
  
 ちなみに、妻と6歳の子供にこの広告の感想を聞いたところ、何れも「別に」とそっけいない回答が返ってきた。特別な印象は持たなかったようだ。

 診断士の試験勉強時代に、学習した広告の目的は次の3つ。
  a.企業の認知度を高めるため
  b.商品(サービスを含む)を売るため
  c.求人

 この枠組みで考えて 理由a:8割 + 理由b:2割ってとこかな?

 思えば、試験勉強時代はこうやって身近な題材を使い、学習したことを実際に当てはめてみる訓練をよくやっていた。特にマーケティング分野は身近に幾らでも題材があります。こういう訓練をしていると「知識定着+2次の思考訓練」が同時に出来るのでお勧めです。

 話は戻ります。
 しかし何故よりによってLFAなのだろう?もっと主婦が身近に感じる車を題材としたものがいくらでもありそうなものだが・・もう少し、考えてみようっと。
 
 P.S どなたか、これはっというものがあればご連絡下さい。^^¥
スポンサーサイト

「目標を小さく設定」しすぎないために

「目標(やる事)を決める」時に、次のパターンA または パターンBの何れのケースで決めていることが多いだろうか?

 ●パターンA(積極型・発展型)
   目標(やる事)を決める。 ⇒ 実現方法を考える。

 ●パターンB(慎重型・現実型)
   実現の可能性を考えながら ⇒ 目標(やる事)を決める。


 既に、明確な目標設定があり、それに向かい進んでいる過程で発生する問題や課題への対応を決める場合、パターンBを選択しているケースが多いだろう。

 それでは、大きな目標設定や方向性を考える時はどうだろうか?
多分、その時の気分や気持ちに左右され無意識にどちらを選択しているか、決断の葛藤の中、双方のパターンが入り乱れている場合が多いのではないだろうか。
 このようなときに、仮にパターンBを選択していると、石橋をたたき過ぎて目標が小さく纏まってしまう可能性(リスク)が大きくなる。また、初めはパターンAで考えていたとしても、無意識のうちにパターンBモードに突入していると、せっかく浮かんだ目標やアイデアについて、出来ない理由を並べ出し排除してしまうこともあるだろう。

 このような事態を回避するために、自分が今どちらのパターンで思考しているかに注意を払う必要があると思う。

 大きな目標設定や方向性を考える時は、実現の可能性は意識的に一旦脇に置いて 『なりたい状態・あるべき状態を、まず思いっきりイメージして目標を決める』 ことが重要だと思う。そこから、実現するための具体的な手段を考えたり、走りながら模索・調整してゆく方が、結果的にはより大きな目標を設定し、実現出来る可能性が高まると思う。

 かくいう自分も、最近どちらかというとパターンBが増えている気がする。もっと、パターンAで意思決定 ⇒ 行動をしたいと思う。

沖縄で感じた 必死さ

沖縄に行ってきました。

沖縄=観光地とのイメージがありましたが、印象が大きく変わりました。それは、沖縄戦の歴史と米軍基地という切実な問題を、島民の方々がもう一方で抱えていることをあらためて感じたからです。

中でも、ひめゆり平和祈念資料館を見学した際に、ひめゆり学徒隊の生存者であり資料館の館長でもある、本村 つる さんのお話しが強く心に残りました。(ある女子大学生の方に話していたことですが、隣で一緒にお伺いしました。)
***************************************************************************************
●本村 つる館長さんの話し抜粋
「戦争は絶対にいけない。戦争することを始めに決めるのは偉い人だが、始めに犠牲になるのは弱い者だ。とにかく話し合いで物事を解決して欲しい。どんな問題でもよく話し合えば必ず分かり合えるはず。解決出来るはず。

 昔に比べたら物質的な豊かさは格段に増したが、むしろ人を気づかうような心の豊かさが失われている気がする。一人ひとりが心の豊かさを持って、世の中をよくしていって欲しい。
 自分の周りがよくなれば、地域がよくなる。地域がよくなれば国がよくなる。そんな思いを一人ひとりが持っていれば、世の中全体は必ずよくなる」
***************************************************************************************
 薄暗い横穴の壕に、負傷兵を介護するための2段ベットのみが置かれた、当時の空間をジオラマで再現していますが、この前で話をききました。

今の女子高生に相当する女の子たちが、このような空間の中で寝る間もないぐらい必死に負傷兵の介護にあたり、食料や水を確保するために砲爆撃の中を命がけで走っていた時代が、僅か半世紀程前の日本であったなんて想像を絶します。

 目的は違いますが、このぐらい目の前の人だったり置かれた状況のために「必死になれる心を持ちたい」と強く感じました。

'2010 いよいよ始動。

明けましておめでとうございます。
2010年をスタートするにあたり、今年の目標をたてました。
具体的なプラン作りはこれからだが、少なくとも2年で成果に結び付くような、布石の年にしたい。する。

●その1『引くこと』を意識する。
 「貴方の言っていることは、確かに正しいが人はそれだけでは動かない。時には引くことも覚えないと、状況は変えられない。」上司や妻にたびたび同じようなことを言われてきた。
 幾ら理屈が通った正論を並べても、人は納得して行動に移せないことが多い。時には相手の感情に配慮して「引くことも大事。引くことによって、相手の気持ちも変わる。」頭では分かっていても、実際に出来ていなかったので今年は強く意識する。

●その2『自分の商品を開発』する。
 書籍もしくはセミナー等、これまでの経験を生かした何らかのオリジナル商品を開発する。

●その3『故郷への恩返し』
 高校卒業まで、過ごした故郷に何らかの形で恩返しをする。

'2009年って どうだったかな?

'2009年を振返ってみたい。
今年の初めに立てた目標は、大きく次の2つ。
夫々について、どんな結果(⇒)だったか振返り、来年にいかしたいと思う。

●その1 『強い自分』になる。
 かなり漠然としていたので「強い」とは、具体的にどのような状態か同時に定義した。

 (1)決めたことを簡単に諦めない。逃げない。弱音を吐かない。
  ⇒明確にこれっっと決めたことが無かったために、正直効果測定が難しい。途中で諦めた(投げ出した)ことは無かったが、上司に対する弱音(愚痴)は多かった気がするなあ~。もっと強くならないといかんですな。
  良かった点を一つあげるとしたら、今年は絶対に立上げ(量産)ようと決めていたある開発品。年始の絶望に近い状況から、周囲を大幅に巻き込んで何とか量産化にこぎつけた。ご協力頂いた、皆さま本当に有難うございました。

 (2)先ずは自分でとことん考え抜いて、主張を纏める。考える前から他人に答えを求めない。
  ⇒相談要素が強い場合は、自分の考えを予め紙にまとめて(といってもラフスケッチ程度だが。)から、話すことを意識的に実施した。成果は、A4の4つ切紙の使用量が増えたことと(笑)、オープンクエッション(どうしましょうか?)が激減したことでしょうか。

 (3)自制心を持つ。感情や誘惑に負けずに、有意義かつよりBESTな選択をする。
  ⇒間食・酒量(といっても殆ど飲めない)で健康状態が左右され易いので、減らすことを意識したがダメでした。試験時代は年5回の飲酒で乗り切れたのに、やはり明確な目標設定が必要ですな。

 (4)苦手意識を感じたらチャンスと捉え、躊躇せずに直ぐに行動する。
   ⇒元々、一人でこつこつやるのが好きなタイプで、周囲への協力要請をしたり、部下に指示を出すことに、どちらかというと苦手意識があった。現在の立場を考えると責務を全う出来ていない。今年は「いやだな~」「面倒だな~」と少しでも感じたら逆にチャンスと捉え、直ぐに行動することを心がけた。はじめは拒否反応に戸惑うこともあったが、状況に応じた対処方法や、効果的な依頼方法についても少しコツが掴めたと思う。 
 ■途中集計①:65点

●その2 『診断士らしい活動』をはじめる。
 登録して2年が経とうとしているが「これっ」という活動が出来ていなかったので、少なくとも今年は「これをやりました」と言える活動をする。

 ⇒周囲の人のサポートをかなり受けながらも、形が残る2つの活動が出来たので、まあ~「よし」としよう。
  ①調査研究参加。ある業界に関する調査及び報告書作成。
  ②研究会(T3)に入会。企業診断への記事執筆。
 ■途中集計②:80点

 ■総合:72点 来年はさらなる努力をします~。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。